映画「響-HIBIKI-」あらすじと感想

2018年公開の映画。
漫画が原作の作品です。

私は、欅坂46の平手友梨奈のファン

その漫画は読んだことがなく、ほとんどストーリも知らないまま、映画館に一人、足を運びました。

映画冒頭から、小説にしか興味がなく、他人や世界、さらには自分にも興味がないというような響の目に惹かれました。

元々、欅坂46の大人や現代社会に反抗的で鬼気迫ったパフォーマンスをするところが好きな私にとっては、ドストライクだったようです。

響の時に突拍子もない行動

例えば、本棚を倒したり、屋上からすんなり飛び降りたり、人のカメラを道路に放り投げたり。

その中でもすごいのが、記者会見中に記者を蹴り飛ばすところ。

あのシーンは迫力があり、思わず、よくやった!と叫びました。

映像もスローなどを混ぜてよくできており、見ごたえがありました。

しかも、記者を蹴り飛ばした理由が、自分のことを悪く言われて腹が立ったとか、自分の作品について嫌なことを言われたとかではなく、響の担当編集者である花井ふみ(北川景子)のことを悪く言ったからだと、不器用な言い方で言うのです。

なんて素直なんだ。
それを聞いて、花井ふみも何も言えません。

まさか、自分のためだったとは。響はそういうところがあるんです。

私の友達のことを悪く言うのは許さない、という熱い思いが。

一見、とても冷めているのに、実は誰よりも大切な人たちのことを思い、守ろうとします。

そのギャップも響が大好きなワケです。

常識にとらわれない響

とはいっても、普通、大切な人のことを大勢の人の前で悪く言われたら、腹が立って、蹴り飛ばしたくなる気持ちもわかりますが、その感情はぐっと押さえて、その場をしのぐのが無難ですよね。

というか、それが常識です。

響はその常識があまりないようで、突拍子もない行動をしてしまうのですが、それを見ていて、気持ちがいいと感じたのは私だけでなく、多くのヒトが感じるのでは?

そう感じるのは、そうしたらその後どうなるのか、誰かに迷惑がかかるからと考え、結局できていないことが多いからではないでしょうか。

欅坂46のデビュー曲、サイレントマジョリティー

その中にこんな歌詞があります。

「先行く人が振り返り、列を乱すなと、ルールを説くけど、その目は死んでいる」

私はこの映画をみながら、この歌詞を思い浮かべました。
人を蹴ってはいけない。

そんなことは大人であれば誰しもが知っている社会のルールです。

でも、そんなルールに縛られた大人の目は死んでいる。

映画では、人を蹴り飛ばすというわかりやすく、ショッキングな表現をしていますが、私たちの日常のなかにもたくさんある気がします。

学生であれば、髪を染めるな、スカートを短くするな、化粧をするななどと、つまらなそうな顔をした教師が言う。

それが学校の規則だから、決まりだから、ルールだからと大人たちが、詳しい理由も教えずに、ルールというレールに乗せようとする。

大人は、相手が子どもだからと、詳しく理由を教えてくれない場面が多いと私も感じていました。

そんな小さなことから、子どもたちは大人を敵とみなし、心を閉ざしていくことも珍しいことではないでしょう。

少し話が脱線した気がしますが、とにかく響は自分の感情にまっすぐで、友達思いなんです。

そんな、不器用だけどまっすぐな響の姿が、死んだ目の大人になりかけている、または、すでになってしまっている人たちの胸に強く刺さってくれているのではないでしょうか。

映画を引き締める山本春平の存在

そして、この映画で忘れてはいけないのが、小栗旬さん演じる山本春平。

長年、芥川賞を狙う小説家。

出演シーンは多くなく、セリフも少ないのですが、さすがの存在感です。

主に響という人物を中心に描くこの映画で、山本は響とは直接関係のない存在で、踏切でたまたま出会うだけの人物です。

では、なぜこの映画に山本という存在が必要なのか考えてみました。

山本は黙々と芥川賞を狙って小説を書いているシーンがほとんどです。

その姿が、小説中心の生活をしているという点では響と同じなのですが、とても対照的な存在に見えるのです。

うまく言えませんが、素直に小説が好きで、それにまつわる人間関係の中で自分や他人の感情や思いを知って成長していく響と、芥川賞だけを狙って毎年毎年同じことを繰り返している山本。

そんな二人の踏切での緊迫した場面は、様々な思いが巡っていますし、とても好きですね(^_^)

この映画をもっと多くのヒトに観てほしい

さて、つらつらと映画「響-HIBIKI」の感想を書かせていただきましたが、女優平手友梨奈演じる響がとても魅力的なので、多くの人に観てほしいです。

自分の信念をしっかり持っていて、しかも常識にとらわれず、思うがままに生きている響の姿は、社会の檻にとらわれた生き方をしている方の心には、ぐっとくる何かがあると思います。

私たち大人はいつから、社会のルールにとらわれ、それに反抗することをやめたのでしょうか。

社会のルールはもちろん守らなくてはいけません。

しかし、周囲を気にしすぎて、素を出せなかったり、偉い人が言うことは絶対だから自分の意見は言わなかったり、そんな自分が嫌になることはありませんか。

この映画を観ると、そんな自分がちっぽけで、かっこわるいなと感じます。

いい意味で、若いころの反抗心や大人への警戒心が思い出され、ある意味フレッシュな気持ちで明日からの人生を過ごせるような気持ちになる映画だと思います。

欅坂46の雰囲気や楽曲が好きな方は、とても好きな映画になると思いますのでぜひご鑑賞いただけたらと思います。

映画「響-HIBIKI-」ファンの一人として、感想を述べさせていただけたことに感謝し、これから5回目の鑑賞をすることとします。

また、一人でも多くの方が、明日からの社会生活をできるだけ、自分らしく、楽しく過ごせますようお祈りいたします。

カテゴリー: TV

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です