肥満体型での妊娠から健康的な出産に到るまでの過程

私は標準体重をはるかに上回る肥満体型で妊娠をし、妊娠中期で妊娠糖尿病と診断されたのがきっかけで強制的に食事制限と体重減少を余儀なくされ、初めはどうして私がと思っていましたが気持ちを改めて赤ちゃんを無事に産むためと大きな目標をかかげ、食事療法を栄養士さんに学び教わり自宅で簡単には始められるエクササイズを調べ見事に1ヶ月で8kg痩せることができました。

どうしてやせられたのか気になりますよね。

私は過去に何度もダイエットをしては挫折してリバウンドするの繰り返しをしています。

今回の学んだ中で今までの経験上、一番大きな間違いが一つだけありました。

それは、「食べずに痩せるな。食べて痩せろ。」と言うことです。

人それぞれ体質もありますし、ダイエット方法に向き不向きは絶対あります。
でも、我慢しないことが一番大切なのです。

3食しっかり食べて運動すること。
白米だってパンだって食べていいのです。

重要なのは一回に食べる量とバランス。

大げさに言えば、運動しなくてもまずは毎日の食事を見直してバランスよく3食食べればそれだけでも痩せられると思うのです。

私はそれで無事に赤ちゃんを産むことができ、産後も食事療法と運動を続け体型維持できています。
努力は絶対報われます。

こんな私でもできたんだから、諦めずにできることから毎日コツコツ続ける事が大事です。
ご飯はしっかり食べましょうね。

健康的に痩せましょう。

カテゴリー: ダイエット

お弁当やさんのバイトをしていたら、みるみるぽっちゃりに・・・。

昔、体重が物凄いことになっていた時期があります。

良く言うとぽっちゃり、端的に表すならば…そう。
デブ。

お弁当屋さんで夕方~夜まで働いていたため、お店で残った揚げ物などを持ち帰り、食べ続けた結果です。

みるみるうちに見た目も変化し、これはまずいと思ったその時には既に体重は62キロまで増えていました。

そこで、ダイエットをしようと決意し、まず始めたのが食事制限でした。

夜遅くに仕事を終えて揚げ物を食べることを一切やめ、食べるのは納豆ご飯1杯のみ。

どうしてもお腹が空いた時には、「ダイエット中の方にお勧め!」と謳われていたゼリー飲料を飲みました。

晩御飯の1食をそれに置き換えるだけでも体重が落ちていったため、だんだんと楽しくなっていき、次第に昼食もその制限方法に切り替え、栄養源はほぼ納豆ご飯とゼリー飲料のみの生活を1ヶ月ほど続けた結果、1ヶ月で10キロ近く体重が落ちました。

周囲は驚き、私も頑張った分数字にきちんと表れたことで続けられたのだとミセルクリニック脱毛予約は今になっては思います。

食事制限は辛く、継続するのはストレスに感じることもあるでしょう。

それでもしっかり体重が減った時の感激は何にも代えがたいもの。

今、しっかり頑張って、未来の素敵な自分を創り上げていきましょう!

カテゴリー: ダイエット