私が見てきた中で1番と言っても過言では無い作品は 進撃の巨人

コレを見るきっかけとなったのは
職場の先輩がこの漫画をオススメしてきた事です。

初めは興味は無かったものの
ペラペラと少し読み始めたら、
なんだこれ!となった衝撃を今でも覚えています。

一気に読みきってしまい、続きが気になってて、そうこうしたうちに
テレビでアニメ放送されている事に気付き
漫画からテレビアニメへとシフトし見始めました。

一躍話題にもなりましたが、アニメ派の私にとっては少し見るのは抵抗があり、未だに見てません。

世界観はやはりアニメでしか味わえない。
まずは漫画かアニメで見るべき(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

漫画より迫力もありますし、
気迫や恐怖心を煽る演出になっていて
一話、30分くらいの放送が体感時間5分くらいの感覚でそれは、もう一瞬も一瞬で
いつもあっとゆうまに見終わる感覚でした。

それまで漫画で読んでいたのですが、
テレビアニメを見始めたのが、ファイナルシーズンからで
1番見応えがあるシーズンに思えました。

最初は漫画を読んでから間が空いていたので
話を読み込むのに少し時間がかかった。

エレンや仲間達がマーレ島に潜んで生活。

ここぞとばかりのタイミングでエレンの巨人化。

昔の話と現在の話が前後して良く分からなかった。
でも。内容や意味が分かった瞬間
一気に鳥肌がたちました。

どこの島か、それがどの時の話を写してる、壁から侵入されて襲われて獣の巨人やや四足歩行の巨人、そいつらにやられた後
どうなったのか全部が分からないまま
このアニメだっただけあり、点と点が結びついて線に。
衝撃を喰らった!!

戦隊とエレンの戦闘。
エレンがやられている所に、助けにくるミカサ、
更には仲間皆んなが戦闘服を頭脳戦で立ち向かう。

最後にとってつけのリバイ兵長の登場に、
ハラハラドキドキが止まりません。

宣戦布告し、勝利したかと思えば、
敵である獣の巨人であるジークとリバイ兵長が話し合っていたり、何がなんだか分からない中で
種明かしが徐々に巻き起こっていく、、

思惑、数少ない戦友も生き抜きたい、死がファイナルシーズンではデカ過ぎるように思います。

カテゴリー: TV

やっぱり人嫌いじゃないよね?

レナードはこのドラマの中の登場人物の中では少しだけ日本人っぽいのかもしれません。

特にペニーの前のレナードは言いたいことを言うというよりその場のペニーの望む返答をしているときが多いように感じるので・・・。

逆に一番日本人と違うなぁと感じるキャラクターはペニーです。
ペニーは日本人が思う自由な欧米人の典型のような気もします。
エピソードを見るたびに私は個人的にペニーみたいに自由奔放に生きれたらストレスが少なく楽しく生きれるだろうなぁと思います。

ペニーはストレスがたまるとアイスクリームにチョコレートを入れたり、ホイップクリームをそのまま食べたりしますが、日本人ではストレスが溜まってもなかなかしないだろうなと文化の違いを感じました。

もう一つ文化の違いを感じたことは恋愛に関してです。

ペニーとレナードはデート当日お互い確認することがあるのですが、その確認方法が日本ではあまり考えられない方法です。

初めてのデートの前にこの確認をする日本人に私は会ったことがありません。
自分がされたらちょっと嫌だと思います。
日本人と重視するところが違うような気もします。

そしてお向かえさんとはいえ、頻繁に行き来するレナード・シェルドン・ペニーの関係から日本人よりもアメリカ人のほうがパーソナルスペースが狭いんだなぁと感じました。

一人の時間がかなり必要なタイプの私からしたら、ご近所さんとはあんまり頻繁に行き来したいとは思わないので苦しく感じてしまいそうです。
だからこそああやって頻繁に行き来しても苦しく感じないということ自体にうらやましく感じてしまいます。

シェルドンも人間嫌いのキャラだけどルームシェアしてるし、いつも仲間といるので実はヒト嫌いじゃないような気も。

どんな人にも向いている内容だけど、英語を学習中orバイリンガルには是非字幕で見て欲しいな。
というのも訳が絶妙なのです。
こういう風に訳すのかと勉強になります。

もう一つこのドラマは苦しかったり、しんどかったりする状況にあるときに気晴らしになるドラマだと思います。
海外のドラマで自分とは全然違う設定のドラマなので現実逃避出来ますし気軽に見れます。
実際私もつらい状況にあるときに見始め、このドラマには助けられました。

カテゴリー: TV