小林さんちのメイドラゴンを見て思ったこと

「じゃあトールが悪いとは思わない。お前はきっかけをすり替えただけだ!」
トールの父:「あってはならないことではない!」
小林は目を強くして、「俺に関係ない!」と叫んだ。

トールの父は驚いて言いました。
「どうしてこんなにトールに執着するの。あなたはトールのことが好きなの?人間のあなた。信じられない」
小林さんは「そうですか。トールはいい子だね。明るく活発な性格で、うつになる時もありますが、笑顔で覆い隠します」
小林さんはトールさんの手をつかんで大声で叫びました。

「彼女はメイドなんだよ。わかるか、私のメイドを連れて行くな。彼女は私のだ!」
トールは目に含んだ涙の玉を残して、この時、彼女は自分が欲しいことを知って、選択をして、それは小林と永遠に一緒にいることです
トールの父は怒り、小林を攻撃しようとする。

トールは結界を展開して小林を保護する。
トールの父はトールの考えを理解し、異空間を展開して異空間でタルと格闘しようとする。

トールは小林を見て涙を浮かべ、微笑みを浮かべながら小林を見て、手を離して異空間に飛び去った。
異空間でトールと父親が戦い、全力で攻撃しようとしたところに小林が駆けつけ、戦いを阻止し、トールの父親に彼女の思いを伝える。
トールの父親は、「おまえは本気で彼女と共存していこうとしているのか」と驚いた。

小林「考えてない!その時間を信じられるかどうかだけで、私たちはできているのです。
信じます!信じますか!あなたの娘を信じてください!」
トールの父は小林の言叶に心を動かされ、人間を認めないと言いながらもトールを残し、自分の世界に帰っていった。
トールは早足で走って小林さんに飛びかかり、小林さんの胸にうつぶせになって泣きました。

「どう恩返しすればいいかわからない。すべて、私のすべてをあなたに捧げます。」
小林「そんなのいらない!」
この事件を経て、小林とトールはもう一歩も相手を離させたくない。友達、恋人の関系を超えて、彼女たちの気持ちは誰にも断ち切れない。

日が変わって、すべてが普通に戻って、小林は実家に帰りたいと思って、同時に彼女もトールを連れて帰って、彼女はもうトールを彼女から離れたくないです。
トールと小林は一生の相談役だ。
トールのこの時の内心:私は小林と一緒に年を取ることができません
いつか別れの日が来る

それでも、小林さんに会わなかったらどうなるかなんて、絶対に考えない
目の前の時間だけを大切にすればいい。

カテゴリー: TV

メイドラゴンにハマる

酔った小林が山に来て、竜の形に出会ったトール。
小林はトールに家に来てほしいと誘うが、トールは感働し、小林はトールに「メイド」をさせようとする。

しかし、褒めたくても、二度と褒められないかもしれない。
小林はひとり、トールが引いたこたつに座っていた。コナ小林とトールが一緒にこたつに座っていたが、小林だけになった。

トールが去った日から三日が過ぎた。退廃的に精神が崩壊した小林は酒を飲み、食事を済ませ、トールのことを思い、自分は知らず知らずのうちにトールから離れられなくなってしまった。

孤独な小林は、かつて三人で座っていたこたつに苦しそうにうつぶせになっていた。六日目の朝、トントンとドアを打つ音が小林さんを起こさせて、小林さんは夢の中から起こさせて、一つの声を聞いて、小林さん、早くドアを開けて、私は帰ってきて、トールです!信じられなくなった小林は、すぐにドアを開けた。目の前にいたのは竜の姿をしたトールだった。別れてからの再会は、二人ともとても感働した。お互いに喜びと興奮をどう表現すればいいのかわからなかったが、小林が「お帰りなさい、トール」と言った。

すると、トールの父である終焉帝がトールを連れて来る。
トールはもう帰らない、小林と一緒にいると明確に言うが、トールの父はそれに同意しない。

トール当惑したとき、小林剛しりめなら、トールの父とに手を一、一束の光を放った小林の右のメガネを足では小林を制し、脅迫と小林、小林グニャグニャは地上、トール小林を见、怖いの至りに命中され、彼女を小林大丈夫でほっとした、あつらえむきの父親。小林を地上におののく壊れたメガネ、しかし一と自分が何を言わなければ、彼女のトール性は本当にいつまでも彼女を離れ、自分の孤独に座った家で、自分の苦痛と后悔だけに残し、ひっきりなしにトールの楽しい时间との思い出を持って、そしてトール今日帰って射つ甘いという一言は、「ただいま、小林。」小林とトールは本当にもう誰も相手を離れられなくなっていた。小林はなんとしてでもトールをつなぎとめたいと思っていた。たとえドラゴンの脅威であっても、たとえ死であっても!

小林は床から起き上がり、トールの手を取った。この瞬間、彼女はただ永遠にトールの手を取ってほしいと願って、大声で叫んだ。
「トールはあなたと一緒に帰りたくないと言った。あなたはこの世界に影響を与えてはいけないと言った。私を殺すことはできない。」トールの父は少し驚き、もし侵略者が来たらどうしようと小林に言うと、小林は大きな声で応えた。

カテゴリー: 映画

VIO脱毛にチャレンジしようと思うのだけど…。

嬉しいことに、脱毛器は、すごい勢いで機能面のレベルアップが図られている状況で、たくさんの種類が市場展開されています。サロンなどで脱毛してもらうのと大差ない効果が得られる、すごい家庭用脱毛器もラインナップされています。
サロンが実施できる脱毛の施術法は、出力水準が低レベルの光脱毛であって、もし永久脱毛の夢を叶えたいなら、出力の強い光を当てるレーザー脱毛を実行することが必要であり、これは医療従事者の管理のもとだけに認められている行為となります。
私について言えば、それほど毛が多いということもないため、従前は毛抜きで自己処理していたのですが、どちらにしても時間がかかるしちゃんと処理しきれなかったので、永久脱毛を行なって実によかったと心底思っていますよ。
噂の除毛クリームは、コツがわかると、急用ができた時でも速攻でムダ毛を処理することができちゃうので、今日の午後プールに泳ぎに行く!などといった際にも、すごく役立ちますよね。
私の時も、全身脱毛施術をしてもらおうと決めた時に、サロンの数が半端なくて「何処に行くべきか、どこなら自分の希望する脱毛が実現できるのか?」ということで、すごく葛藤しました。

VIO脱毛にチャレンジしようと思うのだけど、どこのサロンに頼むのがベストとなるのか見当がつかないと言う人を対象に、おすすめの脱毛サロンをランキングの形で公開します!
永久脱毛を希望していて、美容サロンに足を運ぶ考えの人は、無期限の美容サロンをセレクトしておけば安心できます。何かあった時のアフターケアに関しても、確実に応じてくれます。
あとほんの少し金銭的に楽になった時に脱毛を申し込もうと、ずるずると先へ延ばしていましたが、近しい友人に「月額制コースのあるサロンなら、月に1万円もいかないよ」と扇動され、脱毛サロンに行くことにしたのです。
ワキのムダ毛をカミソリで始末した跡が青白く見えたり、ブツブツしたりして苦しい思いをしていた人が、脱毛サロンに通うようになって、それらの心配が不要になったという例が少なくないのです。
気温が高くなれば肌を人前に晒す機会が増加しますので、脱毛を検討される方も少なくないと思われます。カミソリで処理すると、肌に傷がつく恐れがあるので、脱毛クリームによる処理を最優先で考えているという方も多いのではないでしょうか。

一番自分に合っていると思われた脱毛エステに何回か通っていると、「どう頑張ってもそりが合わない」、という施術担当者があてがわれるということもしばしばあり得ます。そんな状況を排除するためにも、希望の担当者さんを指名することは外せません。
脱毛サロンに通い続ける時間を作る必要がなく、手に入れやすい値段で、自室で脱毛処理を行うという望みを叶える、家庭用脱毛器への関心が高まってきているようです。
あまりお金を掛けたくない人のムダ毛対策法としては、脱毛クリームを何よりもおすすめしたいと思います。現在まで一回も利用したことがない人、これから使用していこうとイメージしている人に、効き目やどれくらい毛が生えてこないかなどをご提示いたします。
どう考えても、VIO脱毛は抵抗があると思っている人は、5~6回といった回数の決まったコースに申し込むのは止めて、ともかく1回だけ実施してもらったらと思いますがいかがでしょうか。
邪魔なムダ毛を無理やり抜くと、パッと見はツルツル肌になったように感じるでしょうけれど、痒みが出るなどの肌トラブルに直結してしまう可能性もありますから、注意していないと後悔することになってしまいます。

カテゴリー: 未分類

花丸サイコー!!

2振り+雪合戦をしていた刀剣男子5振り+9振りの計16振りが出てくるのですが、このシーンはギャグ要素が多くて、見ていてとても楽しいです。

長谷部に叱られてシュンとしている子たちがとても可愛く、でも叱られるのはいつものことだからと医療脱毛おすすめ開き直って次の遊びを考えていたりと抜け目ないところもよかったです。

池田屋へ出陣

審神者である主より、時間遡行軍が現れたので出陣するようにとの命が下ります。
今回の出陣場所は池田屋。

加州は時間遡行軍は新選組を討って、池田屋事件を無きものにしようとしているのでは?それで討幕派の計画がうまくいけば、京都が火の海になる…と。

主が出陣に選んだのは今剣・にっかり青江・石切丸・鯰尾藤四郎・加州清光、そして隊長には初陣である大和守安定。
長谷部は大和守に「この任務での隊長の仕事はたった一つ。全員折れずに無事帰還されること」と伝えます。
戻ることは負けではないと。
池田屋へ到着した6振り達。

大和守は作戦として「1階の時間遡行軍はみんなに任せる。僕がいち早く2階にあがるから、1階が片付いたらついてきて」と言います。
池田屋に現れた時間遡行軍達。
その強さは予想以上で苦戦を強いられます。

心配する加州をよそに、勢いよく2階へ駆け上がる大和守。
敵の攻撃で前髪を切られ階段の上から飛ばされる大和守にかけよる加州。
加州に助けられたものの、茫然とする大和守。
時間遡行軍をせん滅できずに戻ってきた6振り達。

加州は大和守の短くなった前髪に桜のピンを差してあげます。
本丸ではまた雪合戦をしている刀剣男子達。
そんな中「2階まで行きたかったな」という大和守。

「あの人に憧れてるのはお前だけじゃないんだよ?ちょーしにのんな」と伝える加州。

主からの出陣の6振りが読み上げられるシーンの長谷部がとても面白くて。
主のことが好きすぎるのに、中々出陣させてもらえない長谷部が少し不憫です。

出陣の時はみんな本丸でのびのびしている時と服装が違い、それぞれ正装しているのですごく凛々しく見えてかっこいいです。
ゲームの中でも池田屋のシーンで出てくる敵はとても強いので、みんなが苦戦している姿を見て、やっぱりかと思いました。

私は今剣も好きなので、戦闘のシーンで傷を負って弱っている姿がとてもかわいそうで胸が痛かったです。
憧れの沖田くんのように僕も2階で闘いたいという思いからか、先走って2階に駆け上がっていった大和守でしたが、加州の心配通りに2階に上がりきる直前で攻撃を受けてしまって悔しかっただろうなと。

ゆくゆくこの池田屋のシーンが終盤につながっていくんだなと思うと、つらい反面楽しみにもなりました。
本丸に戻ってからの手入れ部屋前で、薬研藤四郎に手当されている大和守の反応が可愛かったです。

本丸で最後の最後まで雪合戦をしていて、長谷部に雪をぶつけて追っかけられて終わるというのも本丸らしくて私は大好きです。

最後のシーンの大和守と加州のやりとりが、この1話のタイトル「ちょーしにのんな」に繋がっていて、この二人の間柄をよく表しているタイトルだなと思いました。

1話始まったばかりですが、この後続々と他の刀剣男子達が出てくるのが楽しみです。

可愛い少年から色気がある大人な男性まで色々なタイプの刀剣男子が出てくるので、きっとお気に入りの刀剣男子が見つかると思うのでおすすめです。

シリアスなシーンと面白いシーンのバランスがすごくいいので、アニメを普段見ないような人にも見やすいのではないかなと思います。

カテゴリー: TV