着圧レギンスを履いてみた

着圧レギンスって凄すぎる!

血流が良くなると、水分や老廃物がドバっと出てむくみを解消できることに繋ります。

ほかにも「冷えを改善」する効果もあります。
カラダが冷えるのは、むくみと一緒で老廃物の蓄積が原因になります。

さらに、着圧レギンスのメリットとしては「履くだけ」という内容です。
たとえば、運動をする時間が取れなくとも、履くだけで悩みを解消に繋がります。

それができるのも効果やメリットになります。

こんなに素晴らしい効果が期待できるうえに、

着圧レギンスの寿命

お気に入りの着圧レギンスを繰り返し使っていると、「着圧が弱くなっている気がする」「あまりむくみが取れない」など感じる時はありませんか?
もしかしたら、それが買い替えのサインかもしれません。

着圧レギンスの寿命と買い替えるタイミングについて詳しく話していきます。

頻度よく履いていると生地は伸びてしまいます。
一般的に、着圧レギンスやソックスの寿命は3ヶ月とされます。

とはいっても、3ヶ月ごとに買い替えるのって意外と面倒ですよね…。
立ち仕事の日や、すごく歩いた日だけ使う人もいるでしょうし、まあ正確に測れないですよね。
その場合は、1番最初にお話しした「次の日むくみが取れにくくなった」を目安にすると良いでしょう!

つまり購入した当初より「むくみが取れにくくなった」「引き締め効果が実感できない」という効果なしになってしまいます。

着圧レギンスの寿命はメーカー側が目安を表記している場合もあります。
また、履く頻度や素材によって寿命は一概に言えないものの、多くのメーカーで3ヶ月を目安としています。

着圧レギンスには明確な使用期限はないので、買い替えるサインをチェックを。

また、洗濯でも生地は傷んだり伸びます(>_<)
ネット無しで洗ってしまい、破れてしまったり…。
少ししか破れていなくても効果は薄くなるので、この場合には寿命と考えて買い替えるようにしましょう。

寿命をのばす方法

必ず複数枚所持する

そのひとつとして、複数枚の着圧レギンスを用意しておくことにあります。
1枚を履き続けるより、複数枚をローテーションで履くほうが寿命は伸びるし、洗濯の仕方によっても生地がダメージを負いやすくなりますので、洗い替え用として用意しておくのもおすすめです。

着圧レギンスは複数枚所持するべきなのですが、夜数時間しか使っていないからと、何日か履いているズボラさんはいませんか?

寝ている間、健康な大人であれば約コップ1杯分の汗をかくと言われています。
そのまま放置して身につけてしまうと、痒みの原因になってしまうことも…。

毎日使う方は、必ず何枚か同時に購入し、毎日洗うように心がけましょう。

カテゴリー: 美容

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。